まず成果報酬型広告ですが、定率報酬型と定額報酬型のどちらにもいえることですが、報酬の発生は商品の購入やサービスの利用が条件です。そしてこの仕組み自体がデメリットのひとつといえます。
どういうことかといいますと、WEBサイトの訪問者に商品を買ってもらったり、サービスを利用したりするための宣伝を、広告収入を得たいと思っているWEBサイトの運営者自身がしなくてはいけません。貼っている広告をクリックして購入や利用したいと思わせる文章力が必要になりますし、商品やサービス自体も売れるものでなくてはいけません。

次にクリック保証型広告ですが、成果報酬型広告に比べ単価が低く設定されています。
成果報酬型は1件成約で数千円や数万円になることもありますが、クリック保証型は1クリックで平均15~30円です。たくさんクリックされなければいけないため、広告を貼り付けているWEBサイトの訪問者数を多く集める必要があります。

最後にインプレッション保証型広告ですが、ほかの2種類の広告と比較して、さらに単価が低くなります。
ページが表示された回数が1,000程度で1.2円などの報酬が確定する形になります。欲しい物を買えるようになったり生活費を稼いだりするためには、膨大な数のページ表示回数をたたき出し続けるような人気のWEBサイトが必要になります。

Comments are closed.