個人がアフィリエイト収入を得ることを目的に活動をはじめる場合にはまず、インターネット広告のことを知っておく必要があります。広告には数多くの種類がありますが、このページでは代表的なインターネット広告の種類と特徴を解説します。
各広告の名称は成果報酬型広告、クリック保証型広告、インプレッション保証型広告といいます。なお、各広告の注意点や初心者向けの広告に関しては別のページで解説していますので、そちらをご覧ください。

まず成果報酬型広告ですが、これには定率報酬型広告と定額報酬型広告の2種類が存在します。
定率のほうは商品・サービス価格の○%に報酬額が決まっているのが特徴です。これに対し定額のほうは商品・サービス価格の○円に報酬額が決まっているのが特徴となっています。商品の購入・サービスの利用が報酬発生の条件です。

次にクリック保証型広告についてですが、これはWEBサイトに貼り付けられている広告をクリック・タップするたびに報酬が発生する広告です。
商品の購入・サービスの利用が確定することは条件とされていません。前述したように誰かがクリックしたりタップしたりするだけで報酬が入る仕組みです。

そしてインプレッション保証型広告ですが、これは広告が表示されるたびに報酬が確定する仕組みになっています。商品の購入・サービスの利用、広告のクリック・タップは必要ありません。WEBサイトに訪問しただけで報酬が入ってくるのが特徴です。

参考…http://www.valuepartners.co.jp/service/affiliate/
アフィリエイト広告の運用代行サービス<バリュー・パートナーズ>

Comments are closed.